求人誌やインターネットからの求人広告などで、良く見られるのが「パート・アルバイト募集」となっている募集方法です。

アルバイトはコミュニケーションの場
アルバイトはコミュニケーションの場

アルバイトとパートの違いを知る

求人誌やインターネットからの求人広告などで、良く見られるのが「パート・アルバイト募集」となっている募集方法です。この感覚で行くと、パートとアルバイト、どちらでも良いから、応募して欲しいと言うことになります。では、同じであれば、パートにするのか、アルバイト一本に絞っても良いのではないでしょうか。ですが、ここのパートとアルバイトの違いが、あることを知っておきましょう。法律的な違いは、ないと言っても良いのですが、ホンワカとした雰囲気で、違いが出ていると言って良いのでしょう。

まず、パートに関しては、主に主婦を指すことが、多くなっています。働く時間は、正社員より短いと言うことが条件になっています。ですが、長期に渡っての契約が多くなっているようです。短期のパート職は、あまり聞こえて来ません。これに対し、アルバイトは学生などが主体で、短期で働くことが多くなります。学生の休み期間とか、授業時間以外の時間を使うといった形で働くことが、一般的と言われます。

これらパートやアルバイトは、法律で違いが示されていないことから、事業主の感覚で決められることが多くなっています。ですから、どんな呼び方をしても、雇用側の自由と言うことになります。自分はパートと考えていても、雇用側はアルバイト感覚でいるのかも知れません。またパートと呼ばれる職は、女性が多くなっているようですが、アルバイトに関しては、差別が少なくなっているようです。

Copyright (C)2021アルバイトはコミュニケーションの場.All rights reserved.